和歌浦天満宮などで書き初め

2018年01月02日 19時32分 ニュース, 社会

新年2日のきょう和歌山市の和歌浦天満宮では恒例の書き初めが行われ多くの子どもらが参加しました。

きょう(2日)午前9時から和歌浦天満宮の境内では子どもたちが春にふさわしい言葉をテーマに書き初めを行いました。

参加者は地元の子どもたちのほか県外からも訪れ、早速子どもたちは思い思いの文字を書いていました。

作品は、境内の回廊に飾られ、今月9日から一般に公開されます。

またきょう(2日)は橋本市の隅田八幡神社でも、書き初めが行われ家族連れらが書き初めをしました。