海南市内のコンビニで強盗の男、逮捕

2018年01月14日 19時11分 ニュース, 事件・事故・裁判

きょう(14日)未明、海南市内のコンビニに押し入り、食料品などを奪って逃げた男が、海南警察署に緊急逮捕されました。

強盗の疑いで逮捕されたのは、海南市重根(しこね)の内職、永山真一(ながやま・しんいち)容疑者54歳です。

永山容疑者は、この日午前1時前、近くのコンビニエンスストア「ファミリーマート海南重根店」に、ペティナイフを持って押し入り、カウンター内にいた39歳の男性店員に「金を出せ」と脅し、店員が店の事務所に逃げ込んだスキに、タバコや食料品など7点、およそ3千円相当を奪って逃げた疑いです。店員にけがなどはありませんでした。

警察で強盗事件として捜査をしていましたが、防犯カメラの映像や、聞き込みで、自宅にいた永山容疑者を見つけ、この日午後、緊急逮捕しました。警察で詳しく調べていますが、永山容疑者は、逮捕容疑を認めているということです。