「がん」を考える公開講座「在宅緩和医療を考える」

2018年01月18日 19時17分 ニュース, 社会

がん患者らが納得できる在宅医療について考える講座が、あさって(1/20)、和歌山市の和歌山ビッグ愛で開かれます。

これは、がん患者とその家族のサポートなどに取り組んでいる、NPO法人いきいき和歌山がんサポートが、主催するものです。

当日は、医療法人慈秀会(じしゅうかい)会長で田中内科医院長の田中章慈(たなか・しょうじ)さんが、「患者が参加・主導するがん療養」~がんにかかった医師の眼を通して~ と題して、基調講演を行います。

続いて、田中さんら医師やケアマネージャーらが参加してパネルディスカッションが行われ、NPO法人いきいき和歌山がんサポート理事長で、神戸大学医学部附属病院・乳腺内分泌外科・特命准教授の谷野裕一(たにの・ひろかず)さんが座長となり、「和歌山県における在宅医療の課題」をテーマに議論します。

「がん」を考える市民公開講座「在宅緩和医療を考える」は、あさって20日の午後2時から、和歌山市手平の和歌山ビッグ愛で開かれます。講座は、参加費が無料で、誰でも参加できます。