全国都道府県対抗男子駅伝、あす(21日)広島で開催

2018年01月20日 19時42分 スポーツ, ニュース

第23回全国都道府県対抗男子駅伝はあす(21日)広島市の平和記念公園前をスタート、フィニッシュとする7区間、48キロで行われます。
チームは中学生・高校生・一般で編成され、大学生・実業団などの一般選手は「ふるさと選手制度」により、生まれ育った地から出場できます。1区と4区、5区が高校生、2区と6区が中学生、そして、3区と7区が大学生、実業団などの一般区間となっています。和歌山県チームは前回大会38位。タイムは2時間25分34秒でした。今回はふるさとランナーに富士通の潰滝大記(つえたき・ひろのり)が加わり、どれだけ順位とタイムを伸ばせるかが焦点です。

和歌山放送では、『ダイソースポーツスペシャル 天皇盃 第23回全国男子駅伝実況中継』を、あすの午後0時15分から3時15分までお送りします。