和歌山市で火災2件、けが人なし(写真付)

2018年02月06日 18時52分 ニュース, 事件・事故・裁判

乾燥注意報が発表される中、きょう(6日)午後、和歌山市六十谷(むそた)の住宅で火災があり、木造2階建て住宅の一部が焼けました。けが人はありませんでした。

和歌山市六十谷の火災現場

和歌山市消防局によりますと、きょう午後3時半すぎ、「向かいの家が燃えている」と女性から通報がありました。駆け付けた消防車両13台が消火にあたり、火はおよそ1時間後に消し止められましたが、木造2階建て住宅の2階部分が焼けました。出火当時、住宅は留守中で、けが人はなく、警察と消防が出火の原因を調べています。

また、和歌山市市小路(いちしょうじ)の住宅でも小規模な火災がありました。きょう午後3時半すぎ、「ガスコンロから出火した」と住人の男性から消防に通報がありました。台所のガスコンロと壁の一部を焼き、火はおよそ10分後に消し止められました。けが人はありませんでした。

和歌山県内ではきょう、全域に乾燥注意報が出されていて、和歌山地方気象台は火の取り扱いに注意するよう呼び掛けています。