岩出市の県営団地で2度火事。男性の遺体発見

2018年02月10日 18時50分 ニュース, 事件・事故・裁判

きょう(10日)未明、岩出市の県営団地で火事があり、焼け跡から男性の遺体が見つかりました。

きょう(10日)午前2時ごろ岩出市吉田の県営鴨沼(かもぬま)団地で、「部屋から炎が出ている」と通行人から通報がありました。

火はおよそ5時間後の午前7時前にいったん消し止められましたが、4階建て団地2階の石島辰夫(いしじま・たつお)さん65歳方およそ42平方メートルを全焼し、焼け跡から男性の遺体が見つかりました。

岩出警察署によりますと、一人暮らしの石島さんと連絡が取れないということで、亡くなったのは石島さんとみて身元の確認を急いでいます。

この火事に関連して、午前10時すぎに石島さん方の真上にある4階の部屋から再び火が出て、午後3時半すぎに消し止められましたが、 3階と4階の1部屋ずつあわせて84平方メートルを全焼しました。ケガ人はいませんでした。

県営鴨沼団地は岩出市と和歌山市の境界近くに位置し、県のホームページによりますと1号棟から7号棟まであわせて164戸あります。