岩出市の県営団地火災、遺体は住人の男性と判明

2018年02月15日 19時34分 ニュース, 事件・事故・裁判

岩出市の県営団地で、今月(2月)10日に2度にわたって発生した火災で、火元の部屋から見つかった男性の遺体は、この部屋に住む65歳の男性と分かりました。

今月10日の午前2時ごろ、岩出市吉田にある4階建ての県営鴨沼団地で発生した火災では、火元となった2階の一室を全焼しいったん消し止められましたが、午前10時すぎに二次火災とみられる火災が発生してさらに真上の3階と4階の2部屋を全焼しました。

2階の焼け跡からは男性の遺体が見つかり、警察が身元の確認を急いでいました。

その後の司法解剖の結果、遺体は火元となった2階の部屋に一人で住む石島辰夫(いしじま・たつお)さん65歳と分かりました。死因は焼死でした。