和歌山市2月定例議会は23日開会

2018年02月16日 20時16分 ニュース, 政治

総額1500億円あまりの新年度(2018年度)予算案や今年度の一般会計補正予算案などを審議する、和歌山市の2月定例議会が、今月(2月)23日に開会します。

提案される議案のうち、総額9億5200万円あまりの一般会計補正予算案では、市内の10の小学校のトイレを洋式化する事業に4億8400万円あまり、建て替えが行われている南海和歌山市駅ビルに入る新しい市民図書館の建設にかかる債務負担行為に1億5200万円あまり、去年10月の台風21号の被害を受けた市内の道路や施設を復旧する費用に3200万円あまりがそれぞれ計上されています。

このほか2月議会には、来年度の当初予算案や、ことし4月に組織改正を行うための条例案、市内に大規模な太陽光発電設備を設置するための条例案などが提案されます。

2月定例和歌山市議会は、今月23日に開会し、各会派の代表者による代表質問などを経て来月(3月)22日に閉会する予定です。