すさみ沖で日韓の貨物船が衝突、ケガ人なし

2018年02月18日 17時17分 ニュース, 事件・事故・裁判

昨夜(17日)、すさみ町沖の海上で、日本と韓国の貨物船同士が衝突する事故がありましたが、けが人などはありませんでした。

田辺海上保安部によりますと、きのう午後6時20分ごろ、すさみ町江須崎(えすざき)の南2・4キロ沖の海上で、日本の貨物船「綾音丸(あやねまる)」749トンと韓国の貨物船「SUN FORTUNE(サン・フォーチュン)」1997トンが衝突したと、「綾音丸」から118番通報がありました。

このため、巡視船艇が現場に向かい、調べたところ、両船ともに乗組員にケガ人などはなく、海上への油の流出もありませんでした。また、船体に大きな損傷や浸水などもなく、積み荷にも異常はないということです。

「綾音丸」は、材木を積んで、大阪から名古屋へ航行中、「サン・フォーチュン」は、広島から東京に向かっていました。田辺海上保安部で、衝突の原因などを調べることにしています。