「女性活躍」「子育て応援」「結婚推進」同盟企業を県が表彰(写真付)

2018年02月19日 19時57分 ニュース, 政治, 社会, 経済

少子化対策や女性の活躍などに積極的に取り組む企業と同盟を結成している和歌山県は、きょう(19日)和歌山市のホテル・アバローム紀の国で、優れた企業に対する表彰式と交流会を開きました。

表彰企業の代表らと仁坂知事(中央)(2月19日・和歌山市・アバローム紀の国)

県では、今年度(2017年度)から、女性が働きやすく活躍できる職場環境作りや、社員の結婚や子育てを支援する取り組みなどを積極的に行うことを宣言している県内に拠点を置く企業とそれぞれ「企業同盟」を結成し、少子化対策や女性の活躍促進の機運を高める事業を展開しています。

きょうは、それぞれの分野で模範となる優れた取組みを行っている企業を表彰するとともに、加盟する企業同士の交流を深めようと式典を開いたものです。

表彰する仁坂知事(手前)

今年度の「女性活躍企業同盟部門」では、紀陽銀行と損保ジャパン日本興亜・和歌山支店、それに太洋工業の3社が、「わかやま結婚・子育て応援企業同盟部門」では、島精機製作所と社会福祉法人つわぶき会、太洋工業、それに太陽シールパックの4社が選ばれ、仁坂吉伸(にさか・よしのぶ)知事から表彰されました。

仁坂知事は式辞で「これらの課題は日本の将来の重要な課題で、県内同盟企業の輪を更に広げたい」と述べました。

事例発表のもよう

続いて、表彰された企業の事例発表や交流会が行われ、このうち紀陽銀行の担当者は、女性支店長や次長の割合がおよそ10年で倍増したことなどを紹介しました。