国道371号の2路線、全面通行止め解除

2018年02月20日 12時00分 ニュース, 交通

積雪と路面凍結のため全面通行止めになっていた国道371号の高野山バイパスは、除雪作業が完了し、きょう(20日)正午に「全面通行止め」が解除されました。

高野山バイパスは、一部の時間帯で通行止めやチェーン規制が行われる「事前通行規制」に切り替えられ、これで、県内の「全面通行止め」はすべて解除されました。

通行止めになっていたのは、高野町高野山の国道371号の3・9キロで、今月2日の午前7時から、積雪と路面凍結のため全面通行止めになっていました。

きょうから3月下旬までは、通常の冬季通行規制となり、普通車は午前7時から午後5時までチェーン規制、午後5時から翌朝午前7時までは全面通行止めとなります。ただし、二輪車は終日全面通行止めとなります。

ところで、高野山と田辺市龍神村を結ぶ延長42・7キロの国道371号、高野龍神スカイラインで今月12日から行われていた全面通行止めは今月15日に解除されていて、同じく「事前通行規制」が行われています。