和歌山城の石垣から転落か、67歳女性死亡

2018年02月26日 20時08分 ニュース, 事件・事故・裁判

きょう、和歌山城の石垣から67歳の女性が転落し、病院に運ばれましたが死亡が確認されました。

和歌山市消防局によりますと、きょう午後2時半ごろ、通行人から「女性が頭から血を流して倒れている」と消防に通報がありました。

消防が駆け付けたところ、和歌山公園の岡口門から北におよそ70メートルの地点に、市内に住む67歳の女性が意識不明の状態で倒れていて、病院に搬送されましたが全身を強く打っていて死亡が確認されました。

消防は、女性が、現場のすぐ西側の高さおよそ15メートルの石垣から転落したとみています。この石垣は、見晴らしを楽しめる場所としても親しまれていますが、石垣の縁には高さ1メートル50センチほどの柵が設置されていて、消防が当時の状況を調べています。