ダイバーシティサッカーフェスティバルin和歌山

2018年03月06日 22時38分 スポーツ, ニュース, 社会

「スポーツはみんなのもの」を合い言葉に、誰もが参加できるサッカーイベント「ダイバーシティサッカーフェスティバルin和歌山」が今月18日、和歌山市の和歌山ビッグホエールで開かれます。

この催しは、サッカー関西1部リーグ、アルテリーヴォ和歌山などでつくる実行委員会が初めて開くものです。

催しでは、アルテリーヴォ和歌山の選手と楽しめるチェレンジサッカー教室や、サッカーボウリングや親子フットサルなど家族で楽しめるコーナーが設けられるほか、走らずに歩いてサッカーを楽しむウォーキングフットボールや、競技用車いすをつかった車いすサッカー体験もできます。また、アルテリーヴォ和歌山とフットサルチーム・セットスター和歌山によるフットサル対決も行われます。

このほか、タレントとしても知られるチャック・ウィルソンさんらによる体操教室やヨガ、それにボールを使った運動バルシューレも体験できるほか、和歌山放送パーソナリティとしてもおなじみのおやじシンガーTONPEIさんのライブや手づくり作品の展示販売、飲食ブースの出展もあります。

主催者は「ダイバーシティには『多様な』という意味があります。サッカーを通じて和歌山でのつながりを深めたい」と多くの参加を呼びかけています。ダイバーシティサッカーフェスティバルin和歌山は今月18日午前11時から午後5時まで和歌山市の和歌山ビッグホエールで開かれます。だれでも参加できますが室内シューズが必要だということです。