自民党県連、現職の尾花氏を推薦と発表(写真付)

2018年03月08日 19時06分 ニュース, 政治

ことし(2018年)8月の任期満了に伴う次期和歌山市長選挙について、自民党和歌山県支部連合会はきょう(8日)現職の尾花正啓(おばな・まさひろ)市長を推薦することを発表しました。

会見する吉井幹事長

きょう午後3時半から県連の吉井和視(よしい・かずみ)幹事長らが記者会見して発表しました。吉井幹事長によりますと、かねてより尾花市長から推薦の依頼を受けていた自民党和歌山市支部連絡協議会の宇治田清治(うじた・せいじ)会長がおととい(6日)県連に推薦願いを提出し、県連はきのう(7日)尾花市長を推薦候補とすることを決定したということです。

同時に、尾花市長に決定を伝えたところ、「ありがたい。他の党にもお願いしたい」と返答があったということです。吉井幹事長は尾花市長を推薦する理由について「初当選以来、安定した市政と街づくりに積極的に取り組んでいる点を高く評価した。これからもその卓越した手腕を発揮するため、引き続き市政を担っていただきたい」と話しました。

ことし7月に予定されている和歌山市長選挙には、これまでに、現職の尾花市長が再選を目指して無所属での立候補を表明しています。和歌山市長選挙は、7月22日に告示され、7月29日に投票と開票が行われます。