財務省文書改ざん・仁坂知事「経産省でやったら即死」(写真付)

2018年03月19日 19時27分 ニュース, 事件・事故・裁判, 政治, 社会

学校法人・森友学園への国有地の売却を巡る財務省の決算文書が改ざんされた問題について、和歌山県の仁坂吉伸(にさか・よしのぶ)知事は「組織を守ろうとする財務省の『鉄の統制』がつじつま合わせでそうさせたのだろうが、嘘やごまかしはいけない」と所見を述べました。

定例会見で記者の質問に答える仁坂知事(3月19日・和歌山県庁)

仁坂知事は、けさ(19日)の定例記者会見で、財務省の文書改ざん問題について記者から所見を求められたのに対し「官僚にしろ一般にしろ、ウソをついたり、ごまかしたりしてはいけないということ」と述べたうえで、徹底的な真相の解明と再発防止を政府に希望しました。

また仁坂知事は、元・通産官僚だった自らの経験をもとに、財務省の印象について「組織を守る行動原理が一番徹底されている官庁で、上の命令には絶対に逆らわない感じ。改ざんは、明らかに組織の過信があったのではないか」と語った上で「もし私の出身官庁の経済産業省で同じような不正をしようとしても、個人主義だからすぐにバレる。言い出した途端、みんなからブスブス刺されて即死する」とも述べ、省庁ごとの体質の違いをうかがわせました。