公立高校入試・合格発表(写真付)

2018年03月20日 19時57分 ニュース, 社会

和歌山県内の公立高校で、きょう(20日)入学試験の合格発表が行われ、6000人あまりの受験生に春が訪れました。

友人と抱き合って合格を喜ぶ生徒(3月20日・和歌山市吹上)

合格発表はきょう午前10時に各高校で一斉に行われ、このうち、和歌山市吹上(ふきあげ)の県立桐蔭(とういん)高校では、合格者の受験番号が掲示されると、自分の番号を見つけた受験生や保護者が歓声を上げ抱き合って喜んだり、自分の番号をスマートフォンで撮影したりしていました。

友達同士で受験していずれも合格した和歌山市の女子中学生は「一緒に合格できて嬉しいです。弁当を作ったり、塾への送り迎えをしてくれた母親に真っ先に知らせたい」と、嬉し涙を浮かべていました。

県教育委員会によりますと、全日制県立高校は一般選抜で6056人が受験し、5889人が合格したほか、スポーツ推薦は119人中118人が合格しました。全日制県立高校の追募集枠は592人です。

定時制県立高校では一般選抜で166人中165人が合格し、追募集枠は410人です。

また、全日制市立高校では一般選抜で309人が受験し279人が合格、スポーツ推薦は受験した10人全員が合格し、追募集枠は91人です。

定時制市立高校では、一般選抜は受験した10人全員が合格し、追募集枠は70人です。

追募集の出願受付は、今月(3月)26日、学力検査は今月28日に行われ、合格発表は今月30日の午前10時からです。