有田川河川敷にこいのぼり160匹(写真付)

2018年04月12日 18時57分 ニュース, 社会

5月5日の「こどもの日」を前に、有田市の有田川河川敷にある「ふるさとの川総合公園」に、およそ160匹のこいのぼりが泳いでいます。

こいのぼりの設置は、有田市が子どもたちの健やかな成長を願い、有田川をイメージアップするために20年前から、市民や県民から寄付されたこいのぼりを掲げているもので、ことしはおよそ700メートルにわたって立てられた、高さおよそ10メートルのポール56本に赤や青などのこいのぼり、およそ160匹が取り付けられています。

こいのぼりは11日、近くの市立宮原(みやはら)保育所の子どもたち40人が手伝って設置され、春風にたなびくこいのぼりを親子連れらが眺めています。こいのぼりの歌が大好きで設置を心待ちにしていたという3歳の男の子は「ブルーのこいのぼりが好き」と嬉しそうでした。

有田市の「ふるさとの川総合公園」では、来月14日までこいのぼりが掲げられます。また、有田市の建設課では、家庭で不要になったこいのぼりを、市内外問わず随時募集しているということです。