田辺商工フェア2018にぎわう

2018年04月21日 20時23分 ニュース, 社会

田辺の元気なお店や地元の物産店などが集まる、恒例の「田辺商工フェア2018」が、きょう(21日)から田辺市で開かれ、多くの人で賑わいました。

田辺市やその周辺の町の店が一堂に集まって自分たちの店の商品をPRするもので、ことしで13回目です。

田辺市文里(もり)のハナヨアリーナで行われたイベントには、地元で人気の飲食店などおよそ70店が出店し、県立神島(かしま)高校の商業実習として梅酢につけた焼き鳥「梅やきとり」の実演販売が行われたり、ワークショップでは、板にヒモを通して遊ぶ「びゅんびゅんゴマ作り体験」などさまざまな企画に人気が集まっていました。またミニSLの乗車や抽選会なども行われ家族連れらで賑わいました。

田辺商工フェア2018は、あす(22日)も田辺市のハナヨアリーナで、午前10時から午後4時まで行われ、午後からは和歌山県動物愛護センター主催の犬・猫の飼い方講習会や譲渡会も行われます。