科学技術分野の文部科学大臣表彰の伝達式(写真付)

2018年04月24日 19時19分 ニュース, 政治, 社会, 経済

科学技術の分野で創意工夫に優れた技術者を讃える、今年度(2018年度)の文部科学大臣表彰で、和歌山県内の受賞者への表彰伝達式が、きょう(24日)午後、和歌山県庁で行われました。

創意工夫功労者賞を受賞した3人(4月24日・和歌山県庁)

これは、文部科学省が科学技術者の意欲や日本の科学水準の向上を目的に、1960年度(昭和35年度)から、毎年、優れた技術者を表彰しているものです。

今年度、技術部門の科学技術賞には、紫外線や熱をあびせると固まる樹脂を開発した、和歌山市の新中村化学工業株式会社の中井孝仁(なかい・たかひと)さんと宮坂武治(みやさか・たけはる)さん、中村高之(なかむら・たかゆき)さんの3人が選ばれました。

また、それぞれの職域に必要な技術の改善と向上に貢献した創意工夫功労者賞を、かつらぎ町の株式会社寿精密(ことぶきせいみつ)の鎌塚正彦(かまつか・まさひこ)さんと本田英知(ほんだ・ひでとも)さん、和歌山市のスガイ化学工業・和歌山事業所の中川兼司(なかがわ・けんじ)さんの3人が受賞しました。

表彰状の伝達

技術部門の科学技術賞の表彰は、今月(4月)17日、すでに東京の文部科学省で行われたため、きょうは創意工夫功労者の3人に県の山西毅治(やまにし・たけはる)商工観光労働部長が表彰状やメダルを伝達し、功績をたたえました。