笠田高が県高校春季ソフトボール選手権大会で優勝

2018年05月05日 10時00分 スポーツ, ニュース, 社会

和歌山県春季ソフトボール選手権大会の準決勝と決勝の3試合が、きのう(4日)和歌山市の県立向陽高校グラウンドで開かれ、決勝で県立笠田高校が市立和歌山高校を4対1で破り2年連続40回目の優勝を果たしました。優勝した笠田高校は、7月22日から兵庫県豊岡市で開かれる、第61回近畿高校ソフトボール選手権大会に出場します。

おととい(3日)から2日間の日程で行われた大会には県内8校が参加し、きのう(4日)の準決勝で笠田と和歌山北、市立和歌山と熊野がそれぞれ対戦し、笠田と市立和歌山が決勝戦に進みました。