「紙芝居屋ガンチャン」が5月20日に九度山町にやってくる!

2018年05月07日 20時47分 ニュース, 社会

九度山町(くどやまちょう)の廃校を活用した絵本や童話の図書館「くどやま森の童話館(どうわかん)」に、今月(5月)20日、大阪を拠点に活躍している「紙芝居屋ガンチャン」が訪れ、子ども達に昔ながらの紙芝居を披露します。

これは、去年(2017年)10月、旧・九度山町立久保(くぼ)小学校の校舎を改装してオープンした「くどやま森の童話館」の定期イベントの第3弾として企画されたものです。

当日は、紙芝居屋ガンチャンが、街頭紙芝居を披露するほか、カラーマジックなどを使ってオリジナル紙芝居を作る体験も行われます。

参加は無料で人数制限はありませんが、オリジナル紙芝居づくりは、先着で親子6組の限定となります。

この催しは、今月20日の午後1時半から、九度山町北又(きたまた)の「くどやま森の童話館」で開かれます。

問い合わせは電話0736(54)2019番で応じています。