かつらぎ町で火災 元造り酒屋と住宅全焼

2018年06月02日 19時09分 ニュース, 事件・事故・裁判

きょう(6/2)未明、かつらぎ町で火事があり、元造り酒屋の建物と隣りの住宅が全焼しました。

かつらぎ警察署によりますと、きょう午前4時半頃、かつらぎ町丁ノ町(ちょうのまち)にある帯庄(おびしょう)酒造合資会社の建物から火が出ているのを近所の人が見つけ、消防に通報しました。

消防車6台が出て消火にあたり、火はおよそ3時間半後に消し止められましたが、元造り酒屋の木造2階建ての建物2棟あわせておよそ1000平方メートルと、隣りの木造2階建ての住宅およそ300平方メートルが全焼しました。

帯庄酒造合資会社は、江戸時代後期創業の造り酒屋ですが、すでに廃業していて、隣りの住宅に住む女性も、施設に入っていたことから、出火当時、火事のあった建物には誰もおらず、けが人はありませんでした。

警察と消防が、火の出た原因を調べています。

現場は、JR妙寺駅の北北西およそ300メートルにある住宅街の一角です。