紀三井寺球場でオリックス対阪神 2軍公式戦(写真付)

2018年06月09日 19時45分 スポーツ, ニュース

プロ野球ウエスタンリーグの、オリックス・バファローズ対阪神タイガースの公式戦が、きょう(9日)和歌山市の紀三井寺公園野球場で行われました。

これは、和歌山の子どもたちにプロスポーツを身近に感じてもらおうと「オリックス野球クラブ」が主催したもので、和歌山でオリックス2軍の公式戦が行われるのは4年連続です。

試合前に行われた開会式では、JA紀州からオリックスの田口壮(たぐち・そう)2軍監督と阪神の矢野燿大(やの・あきひろ)2軍監督に花束が贈られたほか、県立向陽高校合唱部が国歌を斉唱しました。試合は午後1時から始まり、スタンドでは、野球ファンや親子連れら2200人あまりがチームのユニフォームを着たり帽子を被ったりして観戦し、ヒットや好プレーが出ると拍手を送っていました。試合は阪神が8対6で勝ちました。

また試合途中には、景品があたる大抽選会が行われたほか、試合後には、小学生が球場のグラウンドを走ることができるイベントが行われ、多くの親子連れらで賑わいました。