【地震情報】大阪府北部で地震6弱 和歌山県内でも震度3

2018年06月18日 10時15分 ニュース, 交通, 防災

きょう午前7時58分頃、大阪府北部を震源とする地震があり、大阪市などで震度6弱、和歌山県内でも震度3を観測しました。この地震による津波の心配はありません。

気象庁によりますと、震源地は大阪府北部で、震源の深さはおよそ13キロ、地震の規模を示すマグニチュードは、6・1と推定されます。(※修正しました)

最大震度は、大阪市や高槻市、枚方市や茨木市などで震度6弱、和歌山県内では、海南市や橋本市、有田市、紀の川市、岩出市、高野町、田辺市中辺路町、新宮市熊野川町などで震度3、和歌山市やかつらぎ町、御坊市、日高町、那智勝浦町、太地町などで震度2、印南町、田辺市龍神村、白浜町などで震度1となっています。

◆JR西日本和歌山支社によりますと、阪和線、和歌山線をはじめ、すべての在来線が運転を見合わせています。南海電鉄も、本線や高野線、加太線や和歌山港線などすべての線で運転を見合わせています。

◆和歌山バスと和歌山電鐵貴志川線は、平常通り運転しています。

◆関西電力によりますと、大阪府内で17万件あまり、兵庫県内でおよそ700件の停電が発生しています。和歌山県内で、停電が発生したという情報は入っていません。

◆和歌山県内の14の警察署と県内17の消防局や消防本部によりますと、これまでに地震による被害は入っていないということです。

◆この地震の影響で、電車で通学する児童が多く在籍する智弁学園和歌山小学校では、休校の措置をとることを決め、保護者向けの一斉メールで伝えました。いまは、児童の安否確認を行っているということです。公立の小中学校や高校では、通常通りの授業が行われています。

◆和歌山県警・交通管制センターによりますと、阪神高速・湾岸線は、ほぼ全線が通行止めとなっています。この影響で、和歌山と徳島を結ぶ南海フェリーが混雑しています。南海フェリーによりますと、和歌山を午後1時40分に出発する「下り6便」と徳島を午後4時半に出発する「上り7便」が満車になっているということです。また、高速道路では、阪和道と湯浅御坊道路で時速50キロの速度規制、関空道と関西空港連絡橋では、時速40キロの速度規制がかかっています。