6月県議会・大阪地震関連の一般質問相次ぐ

2018年06月20日 19時19分 ニュース, 政治, 社会, 防災

6月定例和歌山県議会は、きょう(20日)から一般質問が始まり、9歳の女子児童を含む5人が死亡した、おととい(18日)の大阪府北部の地震に関連する質問が相次ぎました。

きょうの一般質問で自民党県議団の坂本登(さかもと・のぼる)議員は、仁坂吉伸(にさか・よしのぶ)知事に現状認識と今後の対応について質問したのに対し、仁坂知事は「犠牲者の冥福を心から祈るとともに、被災者にお見舞い申し上げる」と述べたうえで、大阪府の要請を受け、県から応急危険度判定士2人を派遣したことを明らかにしました。

そして、ブロック塀や家具の倒壊による犠牲者が相次いでいる状況について「家具の固定やブロック塀の対策が不十分だったのではないか。県では学校や町内会などの協力を得ながら危険箇所の把握を進めている。県には住宅耐震化や家具の固定、ブロック塀撤去に関する手厚い補助金制度もあり、これらの有効活用を広く促したい」と答えました。

また、公明党県議団の中拓哉(なか・たくや)議員は、県教育委員会の宮下和己(みやした・かつみ)教育長に県内の学校のブロック塀の状況をたずねたのに対し、宮下教育長は、きょう付けで県内すべての幼稚園、小・中学校、高校、特別支援学校の校長らにブロック塀の建築基準をわかりやすく示した資料を送付し、地域住民の協力を得ながら学校や通学路周辺のブロック塀を調べ、危険箇所があれば速やかに報告するよう通達したことを明らかにしました。

きょうは、このほか、自民党県議団の鈴木太雄(すずき・たいゆう)議員が梅の生産地の労働力確保などについて、自民党県議団の山下直也(やました・なおや)議員がカジノを含む統合型リゾート・IRに関する県の取組み状況などについて、それぞれ質問しました。

お聞きの和歌山放送ラジオでは、きょうの県議会の一般質問のもようを、午後9時半から録音ダイジェストでお伝えします。