那智勝浦町の「メッセージ花火」申込受付スタート(写真付)

2018年06月21日 18時41分 ニュース, 社会

那智勝浦町観光協会は、ことし9月に行われる花火大会で誕生日や還暦のお祝い、プロポーズなど、大切な人に伝えたいことを込めて打ち上げる「メッセージ花火」の申し込みをきのう(20日)から受け付けています。

去年の打ち上げの様子(提供:那智勝浦町観光協会)

これは、那智山青岸渡寺の「西国三十三所草創1300年」を記念して去年(2017年)に続いて行われるものです。去年(2017年)は、熊野那智大社の「創建1700年」を記念してはじめてメッセージ花火を募ったところ県内から30発の申し込みがあり好評だったということです。

ことしの打ち上げは、9月1日と2日のいずれも午後8時からの30分間程度、勝浦湾内の渡ノ島で行われ、会場で名前とメッセージをアナウンスしたあとに花火が打ち上げられます。当日は小雨決行ですが、荒天の場合は中止し、1日が中止の場合は2日にまとめて打ち上げ、2日が中止の場合は延期せずに返金するということです。

メッセージの内容は自由で、那智山青岸渡寺の「西国三十三所草創1300年」のお祝いをはじめ、誕生日や結婚、還暦のお祝い、応援やポロポーズなど、大切な人へのメッセージを80文字以内で募集しています。メッセージ花火は1発1万円で、1人4発まで申し込むことができ、1日あたり15発までのため応募多数の場合は抽選で選となります。

申し込みの受け付けは、来月(7月)31日までで、那智勝浦町観光協会のホームページから申込書をダウンロードして必要事項を記入し、協会に直接持参するかファックスをすれば申し込むことができます。