第633回番組審議会

2018年06月27日 20時02分 ニュース, 高校野球

和歌山放送の第633回番組審議会が、きょう(27日)開かれ、先月(5月)29日午後9時から放送された「和歌山から見た高校野球100年」について審議が行われました。
「和歌山から見た高校野球100年」は、夏の高校野球大会が今年100回を迎えるに当たり、「野球王国」と呼ばれるほど高校野球の強豪県となった和歌山県の高校野球の歴史を、それぞれ時代の強豪校にまつわるエピソードなどを交えながら紹介するものです。

きょう(27日)の審議会では、委員から「ベテランアナウンサーの進行で丁寧に作られている」、「高校野球のアーカイブスとして、若い人たちに歴史を伝えていく意味でも、別の形で放送することも検討してほしい」などの意見があった一方、「甲子園優勝校だけでなく、その時代の強豪校・話題校も含めて欲しかった」、「真面目な作りで良かったが、スポーツものにあるワクワク感が乏しい」などの意見も出されました。