7日は土砂災害に警戒を 気象台呼びかけ

2018年07月06日 19時50分 ニュース, 社会, 防災

今後の見通しについて、和歌山地方気象台は、和歌山県北部であす、土砂災害に警戒するよう呼びかけています。

気象台によりますと、和歌山県北部を中心に大雨をもたらせた前線は、近畿地方北部まで北上し、現在、雨は小康状態となっています。

しかし、あすは、この前線が再び南下してくるため、和歌山県北部では、昼前から夕方にかけて激しい雨が降るおそれがあります。

これまでに降った雨で地盤の緩んでいるところがあるため、気象台は、土砂災害に警戒するよう呼びかけています。