【高校野球】7日目 和歌山南陵、日高中津、和歌山工業が3回戦へ

2018年07月17日 19時14分 スポーツ, ニュース, 高校野球

紀三井寺公園野球場の夏の高校野球和歌山大会は、7日目のきょう(7/17)、2回戦の3試合が行われ、和歌山南陵と日高中津、和歌山工業が勝って3回戦に進みました。

第1試合の和歌山南陵 対 南部龍神は、和歌山南陵が、1点差の接戦を制して4対3で南部龍神をくだし、3回戦へ進みました。

和歌山南陵は、1回、2番・藏屋(くらや)のソロホームランで1点先制し、2回にも2点を追加して3対0とリードしましたが、南部龍神は、6回、3番・上原、4番・和田の連続タイムリーで同点に追いつきました。そして3対3で迎えた7回、和歌山南陵は、2アウト2塁の場面で1番・山崎がタイムリーヒットを放ち、4対3と勝ち越し、そのまま逃げ切りました。

勝った和歌山南陵は、大会9日目の第3試合で田辺と対戦します。

第2試合の日高中津 対 慶風は、日高中津が、5回コールド14対0で勝ち、3回戦に進出です。慶風は、全メンバー9人で戦いましたが及びませんでした。

2回に2点を先制した日高中津は、3回、9本の長短打を集めて一挙に9点を追加し、5回にも3点を追加して14対0としました。投げては、齋藤、古久保、入山(いりやま)の投手3人によるリレーで慶風打線を完封しました。慶風は、登録メンバー11人のうち、ケガと体調不良で試合に出られるのが9人ギリギリという状況でたたかいましたが、交代要員のいない中、5回まで健闘しました。

勝った日高中津は、大会10日目の第1試合でCブロックのシード校、市立和歌山と対戦します。

第3試合の串本古座 対 和歌山工業は、3回に2点をあげて先制した和工が5回と8回に2点づつを追加、串本古座が最終回にホームランなどで2点を返しましたが6対2で和工が勝ち、3回戦に進みました。

和歌山工業は、3回に4番・田岡のタイムリーヒットなどで2点を先制すると、5回と8回にも2点ずつ加えて6対0とし、迎えた最終回、ヒット4本に抑えられていた串本古座は、4番・芝のソロホームランなどで2点を返しましたが、反撃も及ばず、6対2で和歌山工業が串本古座をくだしました。

勝った和歌山工業は、大会10日目の第1試合で、Dブロックのシード校、初芝橋本を破った桐蔭と対戦します。

あすは、第1試合が、2回戦の最後の試合で、紀北工業 対 那賀、そして、第2試合から3回戦に入り、和歌山東 対 近大新宮、第3試合が、Aブロックの・シード校の向陽 対 新翔です。

和歌山放送では、紀三井寺公園野球場での試合の模様を、あす午前8時55分から実況中継でお送りします。