ひき逃げ容疑で41歳男を逮捕

2018年08月14日 18時38分 ニュース, 事件・事故・裁判, 交通

きのう(13日)午後、和歌山市北島(きたじま)の市道交差点で、自転車に乗っていた男子中学生をはねたあと、そのまま逃げたとして、和歌山北警察署は、きょう(14日)、乗用車を運転していた41歳の会社員の男を過失運転致傷などの疑いで逮捕しました。

捕まったのは、和歌山市野崎(のざき)の会社員、上田(うえだ)義(よし)尊(たか)容疑者41歳で、警察の調べによりますと、上田容疑者は、きのう午後2時すぎ、和歌山市北島の市道交差点で、乗用車を運転していて、15歳の男子中学生と衝突したにもかかわらず、そのまま逃げた疑いがもたれています。

男子中学生は、左の足と腕に軽いけがをしました。

警察は、男子中学生が覚えていた車のナンバーなどから上田容疑者を割り出し、12時間後のきょう午前2時すぎに過失運転致傷及び道路交通法違反の疑いで逮捕しました。

調べに対し、上田容疑者は、容疑を認めているということです。