台風20号接近で県内でも交通機関などに影響(正午現在)

2018年08月23日 12時08分 ニュース, 交通, 社会

台風20号の接近に伴って和歌山県内でも田辺市と美浜町に避難準備情報が発表されたり、JRでも運転を見合わせる路線がでています。

田辺市によりますと、田辺市全域にきょう午前避難順準備情報が発表されていて、美浜町でも全域に避難準備情報が発表されていて、高齢者などへの避難開始を呼びかけています。

またJR西日本では新宮駅と紀伊田辺駅の間で午後から発着する列車の運転を取り止めます。また特急くろしおは大阪方面からの列車が午前中から一部区間で運転を取り止めていましたが、新大阪駅発午後2時15分発の列車から終日運転を取り止めます。また、紀南方面からの特急列車についても白浜駅を午後3時19分発の列車から運転を取り止めます。

このほか、JR紀勢線の紀伊田辺駅と和歌山駅間や和歌山線で午後3時前後から阪和線の和歌山駅と日根野駅間についても午後3時半頃から列車の運転を見合わせることになっていて、利用者はホームページなどでの運転の確認が必要です。

また和歌山港と徳島港を結ぶ南海フェリーもきょう終日の運航を見合わせます。

日本航空の南紀白浜と東京羽田を結ぶ空の便は最終便の上下1便の欠航が決まっています。