日本トルコの友情交響曲、11月米で公演と記者会見

2018年09月18日 19時06分 ニュース, 社会, 防災

海南市のガス製造販売会社社長でアマチュア音楽家の向山精二(むかいやま・せいじ)さん72歳が17日、ニューヨーク市内で記者会見し、音楽の殿堂カーネギーホールで11月29日に日本とトルコの友好などをテーマにした無料のコンサートを開催すると発表しました。

向山さんは、1890年に串本町沖で沈没したオスマン帝国・現在のトルコの軍艦エルトゥールル号の乗組員を住民が救助した史実や、1985年にイラン・イラク戦争でテヘランに取り残された日本人をトルコ航空の特別機が救出したエピソードに感銘を受け、交響曲「友情」を作曲しました。

今回のコンサートでは、向山さん自身が指揮を執り、音楽の殿堂カーネギーホールで在米トルコ人らでつくる交響楽団などともに交響曲「友情」などを披露することにしていて、向山さんは、17日の記者会見で「一流ホールで世界平和を訴えたい」と意気込みを語り、「トルコと日本の命を懸けた助け合いと絆を世界に伝えたい」と話しました。

コンサートでは、エルトゥールル号の史実などを紹介する映像も上映されます。