【台風21号】南海電鉄 高野線・ケーブルカー、あす運転再開

2018年09月19日 19時16分 ニュース, 交通, 社会, 経済, 防災

台風21号の影響で、高野線の一部区間と高野山へ向かうケーブルカーの運転を見合わせていた南海電鉄はきょう(9/19)、復旧工事が順調に進んだとしてあすの夕方から運転を再開すると発表しました。

南海電鉄は、徳島県に上陸した台風21号の影響を受けて、高野線の高野下駅と極楽橋駅の間と、ケーブルカーの極楽橋駅から高野山駅までの間であわせて40カ所あまりの倒木があり、今月4日の昼すぎから運転を見合わせていました。

南海電鉄では、当初、今月22日から運転を再開するとしていましたが、予定より順調に復旧作業が進んだため、あす午前中から試運転をした上で、高野線の高野下~極楽橋間は、あす午後4時頃から、ケーブルカーは、午後5時頃からぞれぞれ運転を再開します。

16日ぶりとなる運転再開で、南海電鉄の運転見合わせ区間は、すべて解消されることになり、これに伴って、橋本駅と高野山駅の間で行われていたバスによる代行輸送は、終了となります。

また、南海電鉄によりますと、今回の運転見合わせで、列車の運休本数は2771本、影響人員は2万3600人となりました。