【知事選】立候補予定者説明会・現新2陣営が参加

2018年10月03日 17時31分 ニュース, 政治

来月(11月)予定されている任期満了に伴う和歌山県知事選挙の立候補予定者説明会が、きょう(3日)午後、和歌山県庁の北別館で開かれ、現職と新人の2陣営の関係者が出席しました。

きょうの説明会のもよう(10月3日・和歌山県庁北別館)

説明会に出席したのは、これまでに立候補を表明した4期目を目指す現職の仁坂吉伸(にさか・よしのぶ)知事68歳と、新人の畑中正好(はたなか・まさよし)氏66歳の陣営関係者です。

きょうの説明会では、和歌山放送など県内の放送局の関係者が政見放送の手続きなどを説明したほか、交通機関や警察など関係する団体から注意事項や説明が行われました。

あいさつする小濱県選管委員長

これに先立ち、県・選挙管理委員会の小濱孝夫(こはま・たかお)委員長があいさつし「選挙権年齢が18歳以上に引き下げられてから初めての知事選挙となるが、高校3年生を選挙運動に従事させる場合などは、年齢確認を行うなど十分に留意して欲しい。また公費負担制度についても十分理解し、誤った手続きをしないよう気をつけて欲しい」と述べ、公正な選挙への協力を求めました。

任期満了に伴う和歌山県知事選挙は、来月(11月)8日に告示され、25日に投票が行われます。