秋の近畿地区高校野球県予選、智辯和歌山2年連続優勝

2018年10月09日 20時04分 スポーツ, ニュース, 高校野球

秋の近畿地区高校野球の和歌山県二次予選の決勝がきょう(9日)和歌山市の紀三井寺公園野球場で行われ、智辯和歌山が市立和歌山を9対6で破り優勝しました。智辯和歌山は2年連続15回目の優勝です。

3位決定戦も合わせて行われ、南部が田辺を8対6で破りました。この結果、智辯和歌山と市立和歌山、南部の3校が神戸市で行われる近畿大会に和歌山県代表として出場します。

近畿大会への出場は、1位校の智辯和歌山が3年連続23回目、2位校の市立和歌山が3年ぶり11回目、3位校の南部が14年ぶり16回目です。