田辺市の国道で、電動車いすの男性はねられ死亡

2018年10月12日 20時15分 ニュース, 事件・事故・裁判, 交通

昨夜(11日)田辺市の国道で、電動車いすに乗った88歳の男性が車にはねられて死亡しました。

田辺警察署によりますと、きのう午後7時半すぎ、田辺市高雄(たかお)2丁目で、近くに住む那須幹一(なす・まさいち)さん88歳が「シニアカー」と呼ばれる電動車いすに乗って国道を横断中に軽乗用車にはねられました。那須さんは頭を強く打ち、搬送先の病院でおよそ2時間後に死亡が確認されました。

警察は、軽乗用車を運転していた田辺市新庄町(しんじょうちょう)の会社員、宮﨑聖司(みやざき・せいじ)容疑者55歳を自動車運転処罰法違反の疑いで現行犯逮捕しました。

調べに対し宮﨑容疑者は容疑を認め、「対向車に気を取られていた」と話しているということです。現場は、横断歩道や信号のない直線の道路で、警察が事故の原因を調べています。