南海フェリーの新造船の名称は「フェリー あい」

2018年10月14日 18時37分 ニュース, 交通

南海フェリーは、来年度(2019年度)末に就航予定の新造船の名称を「フェリー あい」に決定したと発表しました。

ことし8月末まで、名称を一般公募していたもので、愛する家族、友人、恋人などの「愛(あい)」と、船の色の基調となる徳島県名産の藍染めの「藍(あい)」、それに、旅の主人公となる私、自分を表す英語「I(アイ)」を3つのキーワードとして、「フェリー あい」と決めたということです。

新造船は、南海フェリーの航路で、1997年から就航している「フェリー つるぎ」に代わって、来年度末からの運航が予定され、全長108メートル、幅17・5メートル、総トン数2820トン、旅客定員546人のカー・フェリーです。