目の不自由な人向けの音声解説付き映画上映会

2018年10月18日 17時54分 ニュース, 社会

目の不自由な人向けに音声による解説を加えた映画上映会が、来月(11月)10日、田辺市の和歌山県立情報交流センター・ビッグU(ユー)で開かれます。

これは、県・点字図書館が、毎年、和歌山市と田辺市で開いています。

ことし(2018年度)は、東野圭吾(ひがしの・けいご)の長編小説を原作にした映画「ナミヤ百貨店の軌跡(きせき)」を上映します。

過去と現在が繋がる不思議な雑貨店を舞台に、現実に背を向けて生きてきた青年と、悩み相談を請け負う雑貨店主の時空を超えた交流を描く作品で、アイドルグループ「Hey!Say!JUMP(ヘイ・セイ・ジャンプ)」の山田涼介(やまだ・りょうすけ)さんと俳優・西田敏行(にしだ・としゆき)さん、女優の門脇麦(かどわき・むぎ)さんが共演し、主題歌はシンガーソングライターの山下達郎(やました・たつろう)さんが担当しています。

上映会は、来月10日の午後1時半から、田辺市新庄町(しんじょうちょう)の県立情報交流センター・ビッグUで開かれ、上映中は音声による解説が付きます。対象は、目の不自由な人と、家族、ボランティアなど付き添いの人で、定員は50人です。

申し込み方法は、今月(10月)26日までに県点字図書館まで、電話か郵送、メール、FAXで申し込みが必要です。詳しくは県点字図書館に問い合わせて下さい。電話番号は073(488)5721番です。

なお、12月には、和歌山市の県立図書館メディア・アート・ホールでも行われる予定です。