派遇麗者が初優勝、梅の里社会人野球(写真付)

2018年10月21日 15時59分 スポーツ, ニュース

みなべ町と和歌山放送、紀伊民報が主催する「第29回梅の里社会人野球大会」は、きょう(21日)、みなべ町の清川(きよかわ)球場で決勝戦が行われ、3対0で派遇麗者(はぐれもの)が勝ち、初優勝を飾りました。

優勝旗授与

優勝旗授与

試合は、両チーム無得点で迎えた4回表、この回先頭打者の2番・木下誠也(きのした・せいや)と続く3番の木下力哉(きのした・りきや)の兄弟による連続ホームランで、派遇麗者が2対0とリードしました。その後、6回にも1点を追加した派遇麗者は、準決勝に続いて連投となった先発の蕨野拓也(わらびの・たくや)投手が、去年(2017年)優勝のトラッカーズ打線をわずか2安打・0点に抑え、3対0で勝ち、6回目の出場で初優勝しました。

最優秀選手賞は、派遇麗者の蕨野拓也選手、打撃賞は、派遇麗者の木下誠也選手、敢闘賞は、トラッカーズの久堀一(くぼり・かず)選手、フェアプレー賞はトラッカーズの上中悠生(うえなか・はるき)選手がそれぞれ受章しました。

派遇麗者の受賞者◇最優秀選手賞:蕨野拓也選手(左)◇打撃賞:木下誠也選手

派遇麗者の受賞者◇最優秀選手賞:蕨野拓也選手(左)◇打撃賞:木下誠也選手

トラッカーズの受賞者◇敢闘賞:久堀一選手(右)◇フェアプレー賞:上中悠生選手

トラッカーズの受賞者◇敢闘賞:久堀一選手(右)◇フェアプレー賞:上中悠生選手

また、準決勝で敗れたチームに贈られる和歌山放送賞には、田中野球クラブの西野徳良(にしの・のりよし)と、Rayban(レイバン)の関矢悠人(せきや・ゆうと)の両選手が選ばれました。

和歌山放送賞:田中野球クラブの西野徳良選手

和歌山放送賞:田中野球クラブの西野徳良選手

和歌山放送賞:Raybanの関矢悠人選手

和歌山放送賞:Raybanの関矢悠人選手