和歌山県労働委員会が労働相談会をPR(写真付)

2018年11月01日 21時00分 ニュース, 社会

和歌山県労働委員会が、けさ(11月1日)JR和歌山駅で街頭啓発を行い、今月(11月)24日に和歌山市で開かれる特設労働相談会や、月に2回開かれる定例の労働相談をPRしました。

労働相談会の啓発(11月1日・JR和歌山駅)

街頭啓発では、県・労働委員会の有田佳秀(ありた・よしひで)会長や、県・労働委員で連合和歌山の池田祐輔(いけだ・ゆうすけ)会長ら委員会のメンバーが、駅の利用客にポケットティッシュを配って委員会が行う労働相談をPRしました。

県・労働委員会の有田会長

有田会長は「まずは多くの労働者に相談会を知ってもらい、不当解雇や賃金などのトラブル解決に役立てて欲しい」と話しています。

県・労働委員会では、今月24日・土曜日の午前10時から午後4時にかけて、和歌山市北出島(きたでじま)のプラザホープ3階・特別会議室で特設労働相談会を開きます。先着順で予約を受け付けていて、無料で労働問題の相談ができます。

また、毎月第1・第3水曜日にも労働委員会の定例の労働相談を行っていて、経験豊富な委員が3人1チームとなって、無料で労働相談に応じます。

問い合わせ先は、いずれも県・労働委員会となっています。電話番号は073(441)3781番です。