和歌山県で最大震度4・JR紀勢線運転再開(写真付)

2018年11月02日 17時25分 ニュース, 事件・事故・裁判, 交通, 防災

JR西日本によりますと、地震の影響でJR紀勢線は和歌山・新宮間で運転を見合わせていましたが、午後5時10分から順次運転を再開しています。

南海電鉄は、いまのところ通常通り運行されています。

駅員に状況を尋ねる利用客(11月2日・JR和歌山駅)

JR和歌山駅では、会社や学校からの帰宅時間帯と重なったため混雑し、駅員に状況を尋ねる人や携帯電話で連絡を取る人の姿が目立ちました。

特急くろしお号の遅れを示す電光掲示板

和歌山市内の高校に通う女子高校生は「駅前の百貨店で揺れを感じました。タテにドドドという感じで10秒ほど揺れました」とびっくりした様子で話していました。

東京から出張で和歌山に来ていた会社員の男性は「横にけっこう大きく揺れました。揺れ始めよりあとの方が大きく感じました。新大阪から新幹線で無事に帰れるか心配です」と話していました。