国士舘大、和歌山で防災講演会と災害避難訓練

2018年11月05日 19時00分 ニュース, 社会, 防災

災害発生時の避難所の運営の仕方や災害情報をどのように生かしたらよいかについて市民に理解を深めてもらおうと、今月10日、和歌山市で講演会と体験学習会が開かれます。

これは国士舘大学同窓会和歌山県支部がわかやまNPOセンターなどと共に開くものです。

今月10日午後1時15分から和歌山ビック愛9階で開かれる催しでは、国士舘大学防災・救急救助総合研究所教授で

元NHK解説副委員長の山﨑登さんが「災害情報を防災に生かす」と題して市民に分かりやすく話をすることになっています。

また防災・救急救助総合研究所のスタッフが避難所の運営体験や災害時の避難に必要なことなどを体験に交えて伝えます。

参加は無料で誰でも参加できます。申し込みなどについてはわかやまNPOセンター電話073-424-2223、ファクスは073-423-8355です。