高校サッカー選手権和歌山大会決勝は初芝橋本と和歌山北

2018年11月10日 17時54分 ニュース

全国高校サッカー選手権和歌山大会の準決勝2試合が行われ、初芝橋本と和歌山北が決勝進出を決めました。

全国高校サッカー選手権和歌山大会は、県内の29チームが出場し、きょう(10日)準決勝が行われました。
第1試合は初芝橋本が3対0で和歌山工業を第2試合は和歌山北が2対0で近大和歌山を下して決勝に駒を進めました。

決勝戦は今月(11月)18日午後1時5分から、紀三井寺公園陸上競技場で行われます。
優勝校は来月(12月)30日から東京の駒沢陸上競技場などで行われる全国大会に、和歌山県代表として出場します。