「紀州梅と和歌山県産しらすのだし茶漬け」限定販売

2018年11月22日 19時41分 ニュース, 政治, 社会, 経済

兵庫県伊丹市(いたみし)に本社がある食品メーカー「オイシス」は、20日から和歌山県産の梅干しとシラスなどが入ったお茶漬けを発売し、近畿地区のコンビニエンスストア・ローソンで限定販売を始めました。

これは、オイシスと和歌山県が連携して開発した商品で、どんぶりのご飯の上に、紀州産の梅干しとシラスのほか、高菜の漬け物がトッピングされた、だしじたてのお茶漬けに仕上がっています。

20日からおよそ1か月にわたって、近畿地区のローソン・およそ2400店舗で1個税別352円で販売されていて、パッケージには、和歌山県が協力したことを示すマークと、県のマスコット・きいちゃんが印刷されています。

県・食品流通課では「関西の好みに合った、さっぱりと食べやすい商品です」と話しています。