松源主催「みかん狩りツアー」(写真付)

2018年11月24日 21時25分 ニュース, 社会

早生みかんの収穫最盛期を迎えているきょう(24日)、和歌山市に本店があるスーパーマーケットチェーン松源(まつげん)主催の「みかん狩りツアー」が行われ、親子連れらが湯浅町の農園でみかん狩りを体験しました。

このツアーは、和歌山や大阪、奈良でスーパーマーケットを展開する松源が食育活動の一環で毎年主催しているもので、きょうのツアーには、県内外から抽選で選ばれたおよそ70人の親子連れらが参加しました。

一行は、きょう午前、バスで、湯浅町吉川(よしかわ)にある池田和貴(いけだ・かずき)さんのみかん農園に到着し、広さ3ヘクタールの畑で自由にみかんを摘み取っていきました。はさみを使って袋いっぱいにみかんを収穫した後は、その場で皮を剥いて食べたり、箱詰めしてお土産にしたりして楽しんでいました。

収穫したみかんはその場で試食

箱詰めしてお土産に

大阪・阪南市の35歳の女性は「有田みかんは甘くて美味しいです。大好きなみかんを獲って味見もできるなんて最高で、良い思い出になりました」と話し、大阪・和泉市から参加した4歳の女の子は初めてのみかん狩りに夢中だったといい、「楽しかった。獲ったみかんは家族で食べます」と嬉しそうでした。

松源・企画サポート室の桑田栄三(くわた・えいぞう)課長は「普段食べているものがどのようにできているのか、子どもたちに知ってほしい」と話していました。一行はこのあと、湯浅町の醤油蔵を見学し、有田市の温泉を楽しんで帰路につきました。