高野山ケーブル運休期間は代行バス

2018年11月25日 19時02分 ニュース, 交通

南海電鉄では、高野山ケーブル、南海鋼索線(なんかいこうさくせん)の車両を新しくするための工事に入るとして、あす(26日)からケーブルカーの運行を休止し、その間は、バスによる代行輸送が行われます。

運休するのは、極楽橋駅(ごくらくばしえき)と山上の高野山駅の間のケーブルカーの区間ですが、代行バスは、橋本駅と臨時の高野山駅となる高野山の大門南(だいもんみなみ)駐車場の間で運行されます。代行バスは、途中に乗降場所を設けないノンストップ運行となります。

南海高野線は、大阪・難波(なんば)駅と極楽橋駅の間で、これまでどおり運行されますが、高野山への代行バスを利用する場合は、橋本駅で乗り換える必要があります。また、代行バス運行期間中は、大門南駐車場と高野山内を結ぶ有料の路線バスが運行されます。

代行バスの運行期間は、来年(2019年)2月末までの予定となっています。