0才からのジャズコンサート(写真付)

2018年11月29日 19時38分 ニュース, 社会

日頃、音楽に触れる機会の少ない親子や高齢者を対象にしたジャズコンサートが、きょう(29日)和歌山市民会館で開かれました。

きょうのコンサートのもよう(11月29日・和歌山市民会館)

「0(ぜろ)才からのジャズコンサート」と銘打って、和歌山市文化スポーツ振興財団などが主催して毎年、市民会館で開かれているもので、6回目となる今回は、ニューヨークを拠点に活躍するジャズピアニスト・クニ三上(みかみ)さんらによる3ピースのバンドが「シング・シング・シング」や「おもちゃのチャチャチャ」「アンパンマンマーチ」など有名な曲の数々をジャズアレンジで披露し、観客は手拍子を打ちながら演奏に聞き入っていました。

このコンサートは、赤ちゃん連れの保護者が楽しめるようにと、演奏中でも子どもが立ち上がったり、飲み物を飲んだりすることが許されているほか、泣き出した場合もすぐに会場の外へ出られるよう扉も開放されているなど、工夫がこらされています。

2才の息子と訪れた和歌山市の母親は「普段、家事や子育てに忙しく、音楽演奏を楽しめる機会が少ないので、とても有難いです。息子もドラムの演奏にあわせて叩く真似をしながら楽しみました」と、満足そうに話していました。

クニ三上さん

ピアニストのクニ三上さんは「子どももお年寄りも演奏にノってくれて、とてもやりがいを感じています」と話していました。