農林中金が和歌山市内の小学校にチューリップの球根寄贈

2018年12月03日 19時40分 ニュース, 社会

花に親しむ子どもを育てようと農林中央金庫が今年も和歌山市内の小学校にチューリップの球根を寄贈しました。

これは、農林中央金庫が毎年行っているもので今年で50回目になります。

今回は市内50の小学校と分校、それに中高一貫の義務教育学校の、あわせて52校に、チューリップの球根2600個が贈られました。

贈呈式はこのほど行われ、和歌山市の市立今福小学校では、農林中央金庫和歌山営業所の窪田哲也所長から、今福小学校の亀位直規校長に目録が手渡されました。そして、児童会の代表らが球根の寄贈について感謝の言葉を述べ、児童が校内にあるプランターに球根を植えました。