県議会議員の永年勤続表彰の伝達(写真付)

2018年12月03日 19時45分 ニュース, 政治

和歌山県議会に長年在職している8人の議員に対する永年勤続表彰の伝達式が、きょう(3日)和歌山県議会の本会議場で行われ、藤山将材(ふじやま・まさき)議長から賞状などが伝達されました。

勤続30年以上の表彰状を伝達される宇治田議員(中央)(12月3日・和歌山県議会議場)

11月1日に大阪市で開かれた全国都道府県議会議長会の第161回定時総会で永年(えいねん)勤続表彰功労議員が発表され、和歌山県議会からは、和歌山市選出で自民党県議団の宇治田栄蔵(うじた・えいぞう)議員68歳が在職30年以上の表彰を受けたほか、

在職20年以上の表彰には、紀の川市選出で自民党県議団の山田正彦(やまだ・まさひこ)議員77歳と、日高郡選出で自民党県議団の坂本登(さかもと・のぼる)議員72歳、

そして在職15年以上の表彰には、海南市・海草郡(かいそうぐん)選出で共産党県議団の雑賀光夫(さいか・みつお)議員74歳、東牟婁郡(ひがしむろぐん)選出で自民党県議団の前芝雅嗣(まえしば・まさつぐ)議員70歳、日高郡選出で自民党県議団の花田健吉(はなだ・けんきち)議員60歳、和歌山市選出で自民党県議団の尾﨑太郎(おざき・たろう)議員53歳、海南市・海草郡選出で議長を務める自民党県議団の藤山将材(ふじやま・まさき)議員43歳のあわせて8人が表彰されました。

受賞者を代表してあいさつした宇治田議員は「あっという間の30年だった。地元支援者や県当局のおかげ。県全体の発展にこれからも努力したいたい」感謝の言葉を述べました。