和歌山市内でガス漏れ 住民ら一時避難

2018年12月06日 19時30分 ニュース, 事件・事故・裁判

きょう(6日)正午過ぎ、和歌山市内でガス漏れがあり、住民が一時避難しました。

きょう正午過ぎ、「和歌山市関戸(せきど)の住宅街でガスの臭いがする」と消防に通報がありました。

和歌山市消防局が調べたところ、下水道のマンホールの中にガスが充満していたことが分かりました。このため、付近の17世帯に避難を促すとともに火を使わないように注意を呼びかけました。

4世帯6人が避難しましたが、ガス会社によってガスの漏れた箇所が確認できたことや、処置後の検査でガス漏れがないことが確認できたため、午後3時前に避難勧告を解除しました。当時掘削工事などは行っておらず、ガス漏れの詳しい原因は分かっていません。